インド発のジェネリック薬といえば

日本で認可されている薬は、安全性が確かめられた優秀なものばかりです。
ここ最近目立ったのはED治療薬で、いまやバイアグラ、シアリス、レビトラの3つがクリニックで処方されるのを知らない人はいないでしょう。
それぞれ効果の強さ、効果持続時間などが違い、自分に合ったものを使うのがベストです。
病院で処方してもらう場合は、医師がきちんと選んだ上で最適なものをくれるでしょう。

ただし、日本のクリニックでもらう場合はかなり値段が高いことを覚悟しなくてはなりません。
それは、一度輸入したものを処方しているからです。
海外の医薬品を輸入する場合、関税やその他いろいろな形でお金がかかり、その分が上乗せになって、総合的に値段が跳ね上がります。
それを考慮した上でクリニックで安全な薬を処方してもらうのも、ひとつのやり方です。
しかし、この方法が続けられる人は一部のお金持ちに限られるでしょう。
海外の医薬品が簡単にネットで買えるようになった今では、最初の診断だけクリニックで、後はサイトで買う人が増えています。

自分と相性のいい薬がシアリスの場合、そのジェネリック薬であるタダリスを使っても同じ効果が得られます。
この薬はシアリスの有効成分タダラフィルで作られており、まさにシアリスのコピーと呼んでいい存在です。
薬の持続時間は30時間程度、禁忌事項も副作用の出る確率などもほぼ同じですが、値段が10分の1程度と格安になります。

これはインド発のジェネリック薬すべてにいえることですが、インドは特許の概念が特殊なので、ジェネリック薬を作りやすい環境がすでにできているのです。
インドがどれだけオリジナル薬のコピーを作りやすい国で、医薬品大国であるかは、ネットの専門サイトなどですでに明らかになりました。
世の中の需要に応じて作られたタダリスも、さまざまな過程を経て世界的に有名な薬になったのです。
このインドのジェネリック薬は日本では認可されておらず、買うためには個人輸入代行業者さんの手を経なくてはなりません。
どの業者さんにするかは自分の自由ですが、まずは信頼が置けて、正規品を確実に届けてくれる業者さんを選びましょう。
ネットで業者さんの比較をしているサイトもありますから、そこを参考にするのも手です。

シアリスにもバイアグラなどと同じように、禁忌事項があります。
当然それはタダリスの禁忌事項でもあり、服用する量を間違えて大量に飲むのは厳禁です。
また、硝酸系の薬と同時併用することも危険なのでやめましょう。
持続時間が長く、大変有効なED治療薬として知られるタダリスも、危険な薬に変わりはありません。
しかし、使い方さえ間違わなければ、これほど便利で価格も安く、男性の要望にダイレクトに対応してくれる薬もそうそうないでしょう。
私はこの薬を20代の頃から使っていますが、ナイトライフが退屈になったことはありません。
この薬があって私の性生活が成り立っているからです。